カテゴリー別アーカイブ: 展覧会情報

檜画廊の個展の様子

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

10/29(月)~11/3(土)、神保町の檜画廊にて個展「旅人願望」を開催いたしました。

今回のメインは30号の「旅人願望」。
電車や船に乗って、ここではないどこかを目指します。
世界中の海を生息域にするくじらは旅のナビゲーターです。
菱形の画面が会場に強いインパクトを与えてくれました。

檜画廊にはショーウィンドーもあり、外からも絵が見えます。
神保町の街に馴染む画廊です。

外の看板にもこだわったりして。

テンペラや絹本も展示しました。

そして今回は新しい画集「旅人願望」を発表しました。

実はここは2000年に初個展を踏んだ画廊でもあります。

かつてのDMと当時の看板です。
神保町の街並みが古いです。

檜画廊「あわせ鏡をのぞきにおいで」

檜画廊「あわせ鏡をのぞきにおいで」

さて、その初個展とは、描き溜めた絵を見てもらうべく開いたものでした。
売るなんてことは全く考えず、とんでもない値段をつけておりました(笑)
かつての展示作品です。

あれから17年。
様々な出会いがあり学びがあり、おかげさまで絵描きを続けられております。
原点のような檜画廊での個展は、自身を振り返りつつ、今後の展望も見つめる機会となりました。


ご来場のみなさま、応援してくださるみなさま、いつもありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

アートラインかしわ「共晶点」に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

毎年秋に行われる柏駅周辺でのアートイベント「アートラインかしわ」に参加いたします。

共晶点チラシ

「共晶点」柏ゆかりの新進作家
10/8(月)〜12(金)
10:00〜19:00(初日は13:00から、最終日は18:00まで)
パレット柏 柏市民ギャラリー

旧作7点を展示いたします。
今回は柏でのスケッチを元にした作品も展示します。
例えば、
「氾濫していく夜のために」
柏にある学校がモデルです。
普段から何気なく見ていた裏門からの景色です。
が、ある時、屋上の貯水槽に巨大タコを絡みつかせたいとの願望が浮かびました。
海の生き物が楽しく遊ぶ学校です。
すぐ近くには川が流れており、描いてみたら夜の洪水風景になってしまいました。

他にも、
「湖畔にて」
など、小品から50号までの7点の日本画を出品します。

「共晶点」は15名によるグループ展です。
日本画、油絵、彫刻、ガラス、刺繍、陶芸など多様な作品が共演します。
どうぞご高覧ください。
アートラインかしわ

岡山Sans Quoi二人展「天使たちの午後」の様子

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

写真面-A5変形105-210

2018年6月9日(土)〜17日(日)、岡山県玉野市のギャラリーSans Quoiにてヨシダコウブンさんとの二人展「天使たちの午後」が開催されました。

sansquoi3

港への通りに面した明るいギャラリーです。

sansquoi4

SansQuoiは白くスッキリした空間。
入って左側がコウブンさん、右側がむらいの作品群です。

sansquoi1

sansquoi10

ギャラリーにはかなりの奥行きがあり、多くの作品を飾ることができました。
突き当たりの中庭も素敵。

sansquoi9

骨をモチーフに陶を作られるコウブンさんに合わせたかのような作品も展示してみました。

sansquoi8

Sans Quoiは宇野港のすぐ近く、海の匂いがします。

sansquoi6

海の生き物をモチーフにした絵もいくつか。

烏賊の帽子(10×15cm)2013

烏賊の帽子(10×15cm)2013

岡山県のみならず遠方からも多くのお客さまにご来場頂きました。
初見ながら気に入ってくださった方々、お話できた方々、お会いできなかった方々、Sans Quoiのオーナーさま、一緒に展示してくださったコウブンさん、お手伝いしてくださったKちゃん、、、、、たくさんの皆さまありがとうございました。
そして西日本の美味しいものもたくさん味わいました。感謝です!

sansquoi5

最後は倉敷・蟲文庫さんに寄って、ご挨拶と拙作「船出のとき」を見て帰りました。
夕暮れの美観地区をのんびり散策。
実り多い展覧会となりました。ありがとうございました。

sansquoi7

岡山・サンコアでの二人展「天使たちの午後」のお知らせ

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

写真面-A5変形105-210

宛名面-A5変形105-210

「天使たちの午後」
ヨシダ コウブン・むらいゆうこ 二人展
2018年6月9日(土)〜17(日)
10:00〜17:00 13日(水)休廊

岡山県玉野市の画廊Sans quoi〔サンコア〕にて、陶芸家のヨシダコウブンさんと二人展をします。
私は約20点を展示予定です。

ベネッセの現代アートで有名な直島に渡る宇野港のそば。
夏のご旅行のついでに、どうぞお立ち寄りください。
梅雨の季節、港町で穏やかな午後のひとときをお過ごしいただけましたら幸いです。

初日6/9(土)、10(日)に在廊します。

ヨシダコウブンさんホームページ

カフェ灯環での個展「秘密の庭」のお知らせ

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

towa_DM1s towa_DM2

千葉県流山市のカフェ・灯環(とわ)にて個展「秘密の庭」を開催します。
灯環は明治からある蔵を改装したカフェギャラリーです。
絵の展示は2階のギャラリースペースで。
木の階段を上がっていらしてください。

花の絵を中心に20点ほどの展示となります。
これまでギャラリーに出さなかった大きな作品や、10年以上前のテンペラも展示予定です。
貝合わせや時計など、変わり種の小品も持ち込むかもしれません。
さて、今回唯一の新作「のいばらひめ」は、フランス額装をなさる古山智子さんにマットを作っていただきました。
IMG_20180428_172349
古山さんはパリでフランス額装を学ばれたあと帰国、現在は工房を開いて活動していらっしゃいます。
オリジナルの額装は、マットが何層か重なって、リズムと奥行きが出ています。
金色の装飾も施していただき、世界に一つだけのマットとなりました。
古山智子さんホームページ 「アトリエ オリーブ」

1階のカフェで一休みもおすすめです。
流山はみりんの産地でもあり、灯環ではみりんを使ったスイーツが好評です。
新鮮野菜を使ったランチも美味で充実。
蔵ならではの、静かで落ち着ける空間です。

周辺には、万華鏡ギャラリー見世蔵など古い建物を活かした店舗が多数あります。
江戸川の河川敷もすぐ近く。深呼吸をすると気持ちがいいです。
また、5/12(土)は地域の本町春まつりが、5/13(日)〜15(火)までは流山オープンガーデンが開催され、そちらも見どころとなります。

流山は都心からは時間のかかる場所ですが、歴史を感じさせる街並みが残っています。
ギャラリー最寄駅の流山電鉄は大正年間に開業し、いまだに2両くらいで走っているちっちゃな鉄道です。
鉄オタにはひそかな人気を誇るこの流鉄に乗って、旅気分でどうぞ!
もちろんお車でも大丈夫。ギャラリーにも、近辺にもパーキングがあります。
常磐道からドライブでもどうぞ!

むらいゆうこ個展「秘密の庭」
2018年5月10日(木)〜15日(火)
10:30〜17:00
最終日は16:30まで
蔵のカフェ+ギャラリー灯環

ギャラリーHANA下北沢での二人展「花暦」のお知らせ

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

hanagoyomi_dm2 hanagoyomi_dm1

二人展「花暦」ーHanagoyomiー

2018年4月13日(金)〜22日(日)
11:00〜19:00
※4/17(火)休廊
ギャラリーHANA下北沢

今回は、ステンドグラス作家の村瀬可衣さんとの二人展です。
村瀬可衣さんは、独創的な作風で多くのファンを魅了しているステンドグラス作家さんです。
お互いが作品に魅かれあうこと十数年、この度、初めての二人展を開催することになりました。
展覧会のタイトルは「花暦」。
四季の花々をモチーフに、季節を綴ります。

お互いにインスピレーションを交わしつつ、次々と制作していきました。

ノウゼンカズラweb

ノウゼンカズラの絵の中から、黒アゲハがステンドグラスになって飛び出してきました!
ageha01

私の作品「淡雪」のイメージから、可衣さんが制作してくださったランプ。
淡雪_web awayuki

DMに使われた作品は、白梅を共通のモチーフとしています。
HANA_murai OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の展覧会では、このようなコラボ作品を交えながら、それぞれの「花暦」を表現します。
私は16点(うち新作13点)、可衣さんは約30点を出品します。
あたたかな和の灯りを思わせる可衣さんのステンドグラスとともに、ギャラリーを幻想的に彩ります。

そして今回は、4冊目の画集「花がたり」も発表いたします。
花を描いた近年の作品を中心に編集しました。どうぞお楽しみに。

花がたり表紙

あたたかな春の季節、お散歩がてらにどうぞ下北沢へ。
これまでにない展覧会となる「花暦」を、是非ともご高覧ください。
※4/16(月)以外は在廊する予定です。

村瀬可衣さんホームページ「Kaévitrail」

人形と絵の「春」展に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

人形と絵の春展-宛名面 人形と絵の春展-写真面

人形と絵の「春」展

2018年3月21日(水・祝)〜27日(火)
9:00〜21:00(最終日は16時まで)

丸の内オアゾ
丸善・丸の内本店4Fギャラリー

総勢60名以上の作家が参加するグループ展です。
人形とともに、今年は絵画も展示に加わり、華やかに春を演出します。
ここまで大規模な人形作家さんたちとの合同展は初めてです。
人形が好きな私にとってはうれしいお誘いでした。
今回、私は桜の日本画を3点出品します。

花に匿すweb
「花に匿す」
絹本着彩(掛け軸)

春を綴じるweb
【新作】
「春を綴じる」
絹本着彩(4号F)

花月夜web
【新作】
「花月夜」
絹本着彩(0号)

丸善ギャラリーは東京駅に隣接するオアゾ内にあり、交通至便です。
お買い物や美術館などのおついでがありましたら是非お立ち寄りください。
さてさて、現代の作家が作る「創作人形」にご興味を持たれた方はこちらのサイトを是非ご覧ください。
本展覧会の主催でもあります。

ドルスバラード

活躍中の人形作家さんたちの作品が多数掲載されています。
新たな世界の扉が開くかもしれませんね!

ビリケンギャラリー「拝啓つげ義春様」(後期)に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

tsugeten_1tsugeten_2

ビリケンギャラリーでのグループ展「拝啓つげ義春様」〔後期〕に参加します。
漫画家・つげ義春氏の傘寿のお祝いと、日本漫画家協会賞コミック部門大賞を記念しての展覧会です。
ビリケンならではの豪華作家のラインナップで、トリビュート展を開催しています。
つげさん、といえば「紅い花」や「ねじ式」でしょうか。
多感な頃に、私も読みました。
現実的な描写なのに、なぜか異界を訪ねるような心持ちにさせられるストーリー。
20年の時を経て再読すれば、あの頃には感じられなかった人情味が胸に染み込んできました。
つげさんの世界、深いです。

それでは、と、張り切って描いてみたらば。

柳の木の下には
「柳の木の下には」絹本着彩

どうしよう、すごく不気味な絵になってしまったわ、、、
不安な気持ちを抱えて前期を拝見しましたら、こんな雰囲気多数でした。
後期はどうなるのかな。必見です!

「拝啓つげ義春様」は、前期・後期合わせて60名近くによるグループ展です。
多ジャンルで活躍する作家さんたちが、それぞれの思いを表現しています。
是非ご高覧ください。

「拝啓つげ義春様」
前期 2017年9月30日(土)〜10月15日(日)
後期 2017年10月21日(土)〜11月5日(日)
12:00〜19:00
ビリケンギャラリー

10/19〜11/5 土日画廊にて個展をします

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

Donichi_1Donichi_2

日々、秋の訪れを感じる頃となりました。
中野・新井薬師前の土日画廊にて個展を致します。

新作・旧作合わせて約30点の展示です。
イチョウ並木の絵にいるのは、ぽつんと小さな黒猫だけ。
人物のいないDMは初めてです。
気持ちを新たに描きました。

うれしいときも
悲しいときも
歩み続けるこの道が
金色の光に包まれたものでありますように

秋を行く

 

会期は17日間と長めですが、週のうちの木金土日しか開廊しません。
月火水はお休みです。誠に申し訳ありませんがご注意くださいませ。
住宅街の中の隠れ家的ギャラリーです。
秋のお散歩ついでに、どうぞ遊びにいらしてください。

【在廊予定】各日12:00〜18:00くらい
1週目 10/19(木) 20(金) 21(土)22(日)
2週目 27(金)28(土) 29(日)
3週目 11/3(金) 4(土) 5(日)
※21(土)は、ビリケンギャラリーでのオープニングに参加するため、在廊は17時頃までとなります。

むらいゆうこ日本画展「金色の道」
2017年10月19日(木)〜11月5日(日)
✴︎月火水は休み
12:00〜19:00

土日画廊
〒164-0002 東京都中野区上高田3-15-2
TEL.03-5343-1842

Donichi_3

みうらじろうギャラリー「ephemeral〜少女たちの領域2017」に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

みうらじろう2017bみうらじろう2017a

みうらじろうギャラリー「ephemeral〜少女たちの領域2017」が今年も開催されます。
31名の作家が、「少女たちの領域」をテーマに描く展覧会です。
二回目となる今回は、さらに参加作家が増え、見応えあるものと思います。
それぞれの世界観をどうぞお楽しみください。

2点の日本画作品を出品します。

「一千光年、かなたの君へ」絹本着彩 F8号
鉄塔がどこまでも続くように、想いは宙のかなたまで。
赤い糸はもしかしたら、手を合わせて見つめるだけで通じるあなたと繋がっているのかもしれません。
1000kanata2

「星の花」 絹本着彩 F4号
ちょっぴり甘い、星の花。
夢みる時代は、永遠にキラキラと輝いてほしいもの。
星の花

ひたむきさとはかなさをあわせ持つ少女の世界を描きました。
お近くにお越しの際は、是非ご高覧ください。
※9/23(土)は在廊ができなくなりました。申し訳ありません。

「ephemeral〜少女たちの領域2017」
2017年9月16日(土)〜10月9日(月・祝)
12時〜19時
月曜、火曜は休廊(祝日は開廊)
みうらじろうギャラリー