カテゴリー別アーカイブ: 展覧会情報

BIOME神戸で個展をします

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:


神戸のギャラリーBIOME(バイオーム)にて、個展を開催します。
約20点を展示します。
新作は5点です。

「宇宙の彼方のあなたと、内緒のお話いたしましょ」

神戸では初めての個展です。
機会ありましたら是非お立ち寄りください。

在廊予定は、6/4(金)、6/5(土)、6/6(日)です。
その期間には、日本画の水干絵具を使ったワークショップを予定しています。

実施にあたっての最新情報は、画廊のホームページでご確認ください。
お申し込みも画廊までお願いします。

BIOMEホームページ

コロナウィルスの感染状況によって、変更が生じる場合があります。
当ホームページ、ツイッター、インスタグラムでお知らせします。

むらいゆうこ個展「三日月通信」
2021年5月29日(土)〜6月6日(日)
13:00〜18:30 最終日16:00まで
※5月31日(月)休廊

BIOME(バイオーム)
兵庫県神戸市中央区下山手通5-7-15
グローリー山手ビル101
090-3945-2040

第13回「皐月会」2021に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

筑波大学の芸術専門学群日本画専攻の出身者による展覧会です。
31名参加。
今回は小品展で、販売もしています。

私は藤の絵を1点出品します。

サイトウコーヒーさん併設のギャラリーです。
美味しいコーヒーを楽しみながらどうぞ。

第13回 日本画作品展 「皐月会」
2021年5月11日(火)〜23日(日)
❇︎17日(月)は休み

10:00〜17:00
❇︎最終日は16:00まで

タカシサイトウギャラリー
茨城県牛久市南1-3-13

岡山で二人展をします

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:


ヨシダコウブン・むらいゆうこ 二人展「宙を飛べたら」

2021年4月17日(土)〜25日(日)
11:00〜19:00(最終日17:00まで)
※火曜休廊

アンクル岩根のギャラリー

岡山で、陶芸家のヨシダコウブンさんと二人展をします。
コウブンさんは陶芸でキュートなケモノたちを制作しています。
ケモノたちは可愛いだけじゃない不思議な雰囲気があり、幅広い層に人気のある作家さんです。

コウブンさんとはこれまでも、下北沢や長崎、岡山・玉野でグループ展をしてきました。
今年は岡山の都市部にあるアンクル岩根のギャラリーにて二人展を開催します。

DMのために春らしい作品を描きました。
希望に満ちた春ですが、ただ明るいだけじゃない。
不安も入り混じる、そんな心情を描きました。
コウブンさんのケモノたちにも、可愛いだけじゃない不思議な雰囲気があります。
似て非なる日本画と陶が織りなす空間を、お楽しみいただけましたら幸いです。

在廊予定は4/17、4/18です(変更がありましたら当HP、ツイッター、インスタグラムでお知らせします)。
コロナ禍が収まらぬ状況でのご案内となり恐縮です。
岡山近郊にお住まいのみなさま、ご興味ありましたらどうぞお出かけください。

【追記 2021.5.1】
おかげさまで大変な状況の中、たくさんのお客様にご高覧いただき、好評をいただきました。
ありがとうございました。




岡山後楽園、岡山城も見学してきました。都市と緑がともにあって、ご飯も美味しく、良いところでした。

神戸BIOME「たからもの for おくりもの」に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

グループ展に参加します。
「たからもの for おくりもの 2021」

神戸にあるギャラリーBIOMEで開催される展覧会です。
イベント特設ページはこちら

私は「星を連れて」4号F1点を出品します。

わたしの星は気まぐれ屋
一緒に行くとついてきたのに
もう飽きてしまったの?

わたしの星は甘えん坊
遊びに行くと飛び出したのに
もう戻ってきちゃったの?

わたしのお星、かわいいお星
静かな夜を照らしておくれ

わたしのお星、たからもの
一緒にいよう
いつまでも

❇︎
❇︎
❇︎
❇︎

大切な存在と過ごすかけがえのない日々を、旅のイメージと重ねて描きました。

たからもの展は、昨年も開催され、とても好評だったようです。
参加アーティストは29名。
「たからもの」をイメージして制作された作品が並びます。
心ときめくあなたの「たからもの」を見つけに来てください。

「たからもの for おくりもの 2021」
2021年2/8(月)〜2/21 (日)
13:00 ~ 18:00(最終日は16:00 閉廊)
水曜休み

BIOME
神戸市中央区下山手通5-7-15

現代童画展に出品します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

2020年の現代童画展に出品します。

今年はコロナの影響で多くの展示が中止となりましたが、私にとっては画業20周年でした。
何か新しいことをしてみようと思い、童画展に一般で応募しました。

「一ツ橋の花売り娘」 30号F 2019年
場所は千代田区一ツ橋、日本橋川と首都高が交差するところです。

実は2001年にも、同じテーマで描いていました。

一ツ橋に
幻の水あふれる夜は
花売り娘の舟が行く

娘が売るのは曼珠沙華
彼岸の河原に咲いていた

娘が売るのは蓮の花
極楽浄土の香りを残して

ですからあなた、娘に会っても
花を買ってはなりません

 

以上は当時、絵に添えた文章です。
この頃は、絵を描きながら言葉が浮かんでいました。
まだ20代でしたから、暗い淵を覗いていたんですね。

あれから20年近く経ち、たくさんの絵を描きました。
日常世界でもたくさんがんばりました。
おかげさまで今作は、あの頃よりはもう少し多く、現世の光を描いています。

個人的な内容の絵ではありますが、今回の童画展で奨励賞をいただきました。

童画展には心のこもった作品が多く並びます。
お近くにお越しの際はどうぞご高覧ください。

【現代童画展】
東京都美術館
2020年11月10日(火)〜15(日)
9:30〜17:30
入場は17時まで、最終日は13:30までに入場
入場料600円 大学生以下無料

2020年の創画展に入選しました

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

日本画の公募展である創画展に入選しました。
めでたし、です。

秋の本展は大きなサイズなので、これまで挑戦しませんでした。
が、昨年は個展がなかったため少し余裕があり、秋頃からじわじわ描いておりました。
小品と並行しながらの制作なので1年近くかかりましたが、楽しかった!

「地下都市伝説」 100号F(162×130.3cm)

とても素敵な四谷三丁目の駅を、また描きました。
中央に、マスク姿の女がいます。

実はこの女、口裂け女なのです。
ルッキズムに振り回される現代人の心の闇を描き、美とは何かを考える、というのがテーマです。
テーマのつもりでした。が、、、。
まさか、コロナでマスク姿が当たり前になるなんて。
描き始めた時には思いもよりませんでした。
もはや、コロナ禍の絵でしかないですよね。

でもそれで構いません。
そもそもテーマなどはどうでもよく、見る人が好きなように感じてくれたらそれで良い、と私は考えています。
会場でどのように受けとめられるのか、とても楽しみです。

今回も銅箔や銀箔を使い、迫力と臨場感を出しました。
これは是非、原画でご覧いただきたいところです。

創画展には、日本画界の第一線で活躍する先生方の作品も多数展示されます。美しいです。
芸術の秋です。
上野へのお散歩ついでに、どうぞご高覧ください。

【第47回 創画展】
東京都美術館
◆10/24(土)〜10/30(金) 休館日なし
◆9:30〜17:00(閉場17:30)
最終日は入場14時まで(閉場14:30)
◆入場料
一般900円、65歳以上800円、大学生まで無料

【追記】
『美術の窓』12月号「公募展便り」に、寸評が掲載されました。
大変励みになりました。

「ふくろう展2020」に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

千葉県柏市にある児童書の専門店「ハックルベリーブックス」で「ふくろう展2020」が開催されます。
お店の可愛いマスコット・ふくろうのフーちゃんにちなんで、テーマはふくろうです。
ふくろうなら何でもOK!
ということで、前回は「ふくろうの帽子」を描きました。

今年も同様、被り物系でいこうと思ったのですが、同じものでは気分がのらず、、、街並みの絵になりました。

ふくろうの街です。
あやしいお店も紛れているかもしれません。
会場にお越しの際は、細部までよくご覧になってくださいね。

ハックルベリーブックス10周年も記念して開催される展覧会です。
30名以上の作家が出品します。とっても豪華なメンバーです!
オリジナル雑貨の販売もあるので、楽しめることうけあい。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

「ふくろう展2020」
9/21(月・祝)〜10/10(土)
13:00〜暗くなるまで
水曜休み

オンラインでのギャラリートークも予定されています。
ご興味ある方はお店のホームページを是非チェックしてください。

ハックルベリーブックス

なお、この展示は、西白井のカフェ「アンズハウス」へ巡回します。
10/15(木)〜11/9(月)
お近くの方は是非!

アンズハウス

アートラインかしわ2019「共晶点」に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

柏駅周辺では、毎年秋に「アートラインかしわ」が開催されています。
イベントのひとつ「共晶点」に今年も参加します。

「共晶点」柏ゆかりの新進作家
10/10(木)〜10/14(月祝)
10:00〜19:00(初日は13:00から、最終日は18:00まで)
パレット柏 柏市民ギャラリー (柏市柏1-7-1 DayOneタワー3F)
柏駅から徒歩3分

「共晶点」は、柏にゆかりのある15名の作家のグループ展です。
油絵、日本画、彫刻、刺繍、陶芸、金工など、多ジャンルの作品を一度に楽しめます。

私は旧作の日本画7点を展示します。
絹本の「未明」

昨年の個展「旅人願望」のシリーズも展示します。

10/14には対話型の鑑賞会「おしゃべり鑑賞会」が催されます。
(各回先着20名)
①11:00〜11:45  ②14:30〜15:15
詳しくはアートラインかしわ2019

*在廊予定
10/10 15〜17時
10/14 10〜13時、15〜18時

会場風景


銀座・枝香庵でのグループ展に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

「わたしの中の村上春樹Ⅲ〜イメージと創作」
2019年9月5日(木)〜14日(土)
11:30〜19:00(日曜と最終日は17:00まで)
GALLERY枝香庵

銀座の枝香庵でのグループ展「わたしの中の村上春樹Ⅲ〜イメージと創作」に1点展示します。
村上春樹さんの小説「踊る小人」から着想を得て描きました。

象工場で働く乙女たちです。

実はこの絵、小説のストーリーと一致していません。
「象工場」という言葉が面白くて、そこからイメージを膨らませて描いたものです。
ただ言葉が面白くて、という読み方も、村上春樹ワールドの味わい方としては決して間違っていないと思うのですが、いかがでしょう。


羊皮紙にテンペラの作品です。
「踊る小人」の世界観は、どこか東洋風でしたので、金箔を施しオリエンタルな雰囲気の枠をつけてみました。
乙女たちはそれぞれのセクションで異なる仕事をしています。
ミュージカル舞台のように、工場で象が着々と作られていくさまをお楽しみください。
今回はいつもと違う画材にチャレンジしました。
是非とも実物をご覧いただき、羊皮紙の毛穴まで確かめていただきたいです。

「わたしの中の村上春樹Ⅲ〜イメージと創作」
30名の作家の描く、それぞれの作品世界をお楽しみください。
GALLERY枝香庵HP

ハックルベリーブックス「ふくろう展」のお知らせ

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

柏の本屋さんハックルベリーブックスにおいて「ふくろう展」開催しております。
ふくろうをテーマにそれぞれが思いを込めて描いた作品が並んでいます。

私は「ふくろうの帽子」を出品します。
ハックルベリーブックスさんは児童書専門の本屋さんなので、魔法や冒険など不思議な物語世界を描きたいと思いました。
かぶって本を読めば、本当にファンタジーの世界にはいれそうな帽子です。
今回は額装もこだわって、ちょっと重厚にしつらえました。

多彩な方面で活躍中の作家さんの作品が揃っています。
ハックルベリーブックスさんは、お子さんも一緒に楽しめる本屋さんです。
運が良ければ可愛いお店番ふくろうの「ふーちゃん」に会えるかも。
機会ありましたらどうぞお出かけください。

4/21(日)〜5/3(金) 水曜定休
13:00〜18:00
最終日は18時よりクロージングパーティがあります。

ハックルベリーブックス