作成者別アーカイブ: yuko murai

サンコアでの二人展の様子

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:


サンコアでの展覧会「海より秋が生まれる日」が始まりました。
初日と二日目は在廊しました。
おかげさまでたくさんの方にお越しいただきました。


サンコアは陽光が入る明るいギャラリーです。
コウブンさんのお客様はもちろん、地元の方々も続々と入ってきてくれます。

コウブンさんの作品です。
ブラックでクールなケモノ達が並びます。

おやおや、キバのある子も。

私は4年ぶりの展示でしたが、覚えていてくださるお客様も多く、うれしかったです。
20点ほど出品しています。
9/18(日)まで開催です。
よろしくお願いします。

 

二人展のおしらせ 9/10〜18 サンコア(岡山県)

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:


岡山県玉野市にあるギャラリー、サンコアで二人展を開催します。

二人展
ヨシダコウブン/むらいゆうこ
「海より秋が生まれる日」
2022年9月10日〜18日(日)
10:00〜17:00
※9月14日(水)は休み

サンコア
岡山県玉野市築港1-4-15
ギャラリーの案内サイトはこちら

ヨシダコウブンさんは備前焼で不思議なケモノたちをつくる作家さんです。
今回も、どんな奇妙でかわいいケモノたちがギャラリーに現れるか、楽しみです。

私は、15点ほど展示予定です。
DMに使用した作品「夜の温室」

在廊予定
9/10(土)
9/11(日)
9/17(土)
9/18(日)

ギャラリーのすぐ近くにある宇野港からは、瀬戸内の現代アートを楽しむ島巡りができます。
お近くの方、ご興味を感じる方、どうぞ遊びにいらしてください。

8/20折り染めワークショップの様子

カテゴリー: exhibition | 投稿日: | 投稿者:

2022年8月20日(土)、よみうりカルチャー柏での公開講座「折り染めでアートパネルを作ろう」が無事に終了いたしました。
残暑厳しく、コロナ感染もおさまらぬ中での開催となりましたが、5名の方にご参加いただきました。

それぞれ、好きな色の水干絵具を作ってもらいます。
日本画の絵の具は一色ごとに作る必要があります。
面倒な手数に驚きながらも、新鮮な作業に夢中になりどんどん絵皿が並びます。
カラーバイキングのようにどんどん染めていくと、思わぬ模様が出来上がりました。

干し場はすっかりカラフルに。
夏らしく、ビビッドなものや涼しげなものが多かったかしら。
気に入った一枚をアートパネルに仕立てました。

みなさんの作品です。
みんなちがって、みんないい!

日本画の絵具は、進化の仕方も使い方も独特です。
水干絵具を溶きながら、岩絵具についても話を広げました。
現代の日本画がどんな絵の具で描かれているのか、体感できたことと思います。
日本画材というのは、身近なようでいて、なかなか縁のない画材です。
このワークショップが、日本画材を、日本文化のひとつとして、楽しみつつ知ってもらう機会になれば幸いです。

みなさま、楽しいひとときをありがとうございました。

8/20(土)よみうりカルチャー柏でワークショップを開催します

カテゴリー: exhibition | 投稿日: | 投稿者:

昨年に開催しご好評をいただいた「折り染めワークショップ」を今年も開きます。
「和紙を折り染めしてアートパネルを作ろう」
2022年8月20日(土)
10:15〜12:15
よみうりカルチャー柏
(柏駅から徒歩1分  スカイプラザ柏8階)
お申し込みについて・受講料など詳細は以下ご覧ください。
よみうりカルチャー柏 公開講座
「和紙を折り染めしてアートパネルを作ろう」

日本画の絵の具をご存知でしょうか。
古くは古墳の壁画から、絵具は古来から使われてきました。
朱や炭や緑青、群青など、自然界の鉱物などが原料です。
今回は、土や貝を原料とした、水干絵具(すいひえのぐ)を使います。

鮮やかな色が魅力の絵具です。
心惹かれる色を選んで、ゆったりと絵の具をつくっていきましょう。

まずは指でつぶし、膠(にかわ)をまぜ、こねながら丁寧に溶いていきます。

和紙を染めていきます。

パネルに貼る作業はちょっと難しいですが、丁寧に指導いたします。

世界に一つのアートパネルが出来上がります。

山吹(やまぶき)、白緑(びゃくろく)、水浅黄(みずあさぎ)。
あでやかな名前を持つ日本画の絵具たち、
美しい色に触れると、心も癒されます。

水干絵具の作り方はちょっと独特。
泥遊びの感覚で楽しみましょう。
楽しいひとときを、どうぞご一緒に。

ご興味ありましたら是非ご参加ください。
お申し込みは
よみうりカルチャー柏 公開講座
「和紙を折り染めしてアートパネルを作ろう」

絵本「牛若丸」を描きました

カテゴリー: exhibition | 投稿日: | 投稿者:

絵本「牛若丸」
子供教育出版

まるごと絵本の仕事は初めてでした。
描き切れるだろうか!?
不安をかんじつつ歴史や衣装を調べ、ラフに取り掛かかりました。
「牛若丸」は長く語り継がれてきた話だけに、ある程度のイメージが固まっています。
それを踏襲しつつ、ときにはファンタジックに、ドラマチックに描いてみました。
夜のシーンも多く、自分の画風には合っていた気もします。
牛若丸の世界にどっぷり浸かった3ヶ月でした。

お母様の常盤御前と逃げるところから話が始まります。

鞍馬寺に預けられ

天狗に鍛えられ

弁慶と対決し

源義経になっておしまい

今回は10枚の絵を描きました。
幼少期の絵本の記憶はしっかり残ると感じているので、気合を入れて描きました。

わたし、こんな絵も描けるんだ・・・!
なんて、自分発見の機会にもなりました。

久しぶりのお仕事、ありがとうございました。

幼稚園の教材なので、一般には販売されません。
個展の会場に置きますので、機会ありましたらご覧ください。

人物画展+(プラス)に参加します

カテゴリー: exhibition | 投稿日: | 投稿者:

銀座中央ギャラリーでのグループ展「人物画展+(プラス)」に参加します。
2022年6月6日(月)〜11日(土)
12:00~19:00 (最終日17:00まで)

ギャラリーの入っている奥野ビルは、昭和初期の建築です。
小さなドア、ふたつ並ぶ階段、緑のタイル、壊れそうなエレベーター。
歴史を感じる独特の構造が魅力です。

今回はここを舞台にして、「奥野ビルの幻」をテーマに連作を描きました。

「ドッペルゲンガールズ」  6号F 日本画


「connect²」 0号F 日本画
双子みたいな電力メーターが可愛くて描きました。


「つぼみの頃」 9×14cm 日本画
エレベーターホールの文字盤は外せません。

奥野ビルは20年前、個展をした画廊がありました。
近年は画廊が増え、銀座のアートスポットとして人気です。
時代はかわっても、奥野ビルの佇まいは変わりません。
タイムスリップしたような感覚が楽しめますよ。


「手紙を読む少女」

初日と最終日は在廊する予定です。
銀座にお越しの際は是非ご高覧ください。

「人物画展+(プラス)」
2022年6月6日(月)〜11日(土)
12:00~19:00 (最終日17:00まで)
銀座中央ギャラリー

銀座一丁目  10番出口から徒歩1分
銀座 A13から徒歩5分


「これから昼休み」

追記
画廊のホームページにて、全作品の紹介と通販の案内がご覧になれます。
銀座中央ギャラリー「人物画展+」

テンペラ画教室の展覧会に参加します

カテゴリー: exhibition | 投稿日: | 投稿者:


田崎裕子テンペラ画教室展「模写と創作Ⅷ」
2022年5月25日(水)〜5月30日(月)
11:00〜18:30 (最終日は15:00まで)
Gallery Concept21
港区北青山3-15-16
表参道駅から徒歩3分

田崎裕子先生のテンペラ画教室に通う生徒たちの作品展です。
教室では、中世のテンペラ作品の模写からオリジナルの作品まで、それぞれが制作を楽しんでいます。
4年ぶりとなる今回も、じっくりと取り組んだ多彩な作品が並びます。

私は「アイリスの花」と「聖カタリナ」を出品します。
どちらも中世写本の模写です。

額縁もテンペラ技法で作っています。
鮮やかな色彩の花々を描くことで、色の作り方を勉強しました。

テンペラ画では金箔が大きな魅力です。
金箔の上で花が浮き上がって見えるよう、影も描いています。

今回、展示に完成が間に合いませんでしたが、こんなふうに金箔自体を立体に盛り上げる描法もあります。

生徒みなさんの力作が並ぶ展覧会です。
会場で、本物の輝きを是非ご高覧ください。

田崎裕子テンペラ画教室展「模写と創作Ⅷ」
2022年5月25日(水)〜5月30日(月)
11:00〜18:30 (最終日は15:00まで)
Gallery Concept21
港区北青山3-15-16
表参道駅から徒歩3分

2/22〜27、ねこ展「NEKO HOLIC」に参加します

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

2月22日はニャーニャーニャーで猫の日です。
というわけで、ねこ展が各所で開催されるようですが、そのひとつ、ギャラリーHANA下北沢でのグループ展に参加します!


「NEKO HOLIC」
2022年2月22日(火)〜27(日)
11:30〜19:00
最終日は17:00まで
ギャラリーHANA下北沢

これに合わせて、ねこシリーズを描き始めました。
「猫をかぶる vol.ハチワレ」

「猫をかぶる  vol.ミケ」

キュートだったり、コケティッシュだったり、猫の魅力を楽しめるシリーズにしたいです。
「NEKO HOLIC」には、3〜4点を出品予定です。

子ども時代、隣家が猫屋敷だったので、猫と戯れて育ちました。
それもあり、もちろん猫派です。

12名の参加作家が、それぞれの猫を表現します。
猫の日に合わせたネコの祭典に、どうぞ遊びにいらしてください。

「NEKO HOLIC」
2022年2月22日(火)〜27(日)
11:30〜19:00
最終日は17:00まで
ギャラリーHANA下北沢

追記:

今回は、ハチワレ、ミケ、シャム、アメショーの4点を展示しました。

ギャラリーには作家それぞれの視点で描いた猫アートが集結し、可愛いだけじゃない猫の魅力が満載でした。
思っていた以上に硬派な展覧会となり、たくさんの方々に楽しんでいただけました。
ありがとうございました。

折り染めワークショップの様子

カテゴリー: 日記 | 投稿日: | 投稿者:


12月2日(木)、ハックルベリーブックスさん2階において、折り染めワークショップを開催いたしました。
おかげさまで定員10名は満席となりました。

明るい光が差し込むお部屋です。
道具を用意して、お客さまをお待ちします。

心惹かれる色を選んで絵の具を溶いていただきました。
黙々と指を動かしていきますが、硬い絵の具に苦戦される方も。
テーブルには徐々に、色とりどりの絵皿が並んでいきます。
染めていく作業は楽しく、みなさん次々と作っていました。

すっかり盛り上がって、最後、パネル貼りした作品を写真におさめるのを忘れてしまいました。

パネルにせず染めた和紙も、全てお持ち帰りいただきました。
後日、それを使ってご自宅でパネル貼りされた方、絵はがきを作られた方、絵の具を購入して再び折り染めを楽しまれた方などなど。うれしいご報告をいただきました。

日本画の絵の具は、案外と触れる機会がないものです。
それを楽しんでいただく機会を提供できたことに感謝いたします。
みなさま、ありがとうございました。

2021年を振り返って

カテゴリー: 日記 | 投稿日: | 投稿者:

2021年も引き続きコロナ禍の一年となりました。
その中でも10回の展示と1回のワークショップを開催できました。

2月
「たからものforおくりもの」展
BIOME神戸
2021年2/8(月)〜2/21 (日)
29名のアーティストが参加したグループ展でした。

※4号の「星を連れて」を出品しました。

3月
「第3回 人形と絵の春」展
丸善・OAZO丸の内本店 4階ギャラリー
3月18日(水)~24日(火)

※8号の「祈りの春」と、3号の「雨に揺れる」を出品しました。

4月
ヨシダコウブン・むらいゆうこ 二人展「宙を飛べたら」
2021年4月17日(土)〜25日(日)
アンクル岩根のギャラリー


岡山での二人展。
最初の週末には在廊できました。
おかげさまで、たくさんのお客さまにお会いして、作品をご高覧いただくことができました。

「第45・46回現代童画展・受賞作家展」
2021年4月26日(月)〜5月2日(日)
銀座アートホール

※10号「夜の温室」を出品しました。

6月
個展「三日月通信」
2021年5月29日(土)〜6月6日(日)
BIOME

神戸で個展を開催しました。
静かなエリアに佇むスタイリッシュな雰囲気のギャラリーです。
新作5点を含む、20点ほどを展示しました。
折しも緊急事態宣言が延長された中での個展となり、オーナーさまにはいろいろなご配慮をしていただき感謝です。
水干絵具を溶く体験を楽しんでもらえるワークショプも開催でき、ご好評をいただきました。

9月
「アートフェアアジア福岡2021」
2021年9月22日(水)〜26日(日)

長崎のギャラリーEMさんから出展していただきました。
※14点ほど出品しました。

「少女たちの領域 ehemeral2021」
みうらじろうギャラリー
2021年9/18(土)〜10/3(日)

※「エスケイプ」   10号を1点出品しました。

11月
個展「星またたき 風めぐる」
蔵のカフェ+ギャラリー灯環
2021年11月3日(水・祝)〜8日(月)


30点ほどを展示しました。
小春日和のなか、みなさまにはゆったりとした時間を過ごしていただけました。

アートラインかしわ「共晶点」
柏市民ギャラリー パレット柏
11月10日(水)〜11月14日(日)


※7点を展示しました。

「ユメミルユメコ」
メゾンドネコ
11/26(金)〜30(火)

11名の作家によるグループ展。
※テンペラ画3点を出品しました

12月
ワークショップ「折り染めでアートパネルを作ろう」
2021年12月2日(木)
ハックルベリーブックス

単独開催としては初のワークショップでした。
参加者のみなさまと楽しいひとときを過ごすことができました。

2021年は10回の展示に加えて、BIOME神戸さんでの展示をきっかけに、ワークショップもできました。
ひとりで描く楽しさだけでなく、技を伝える喜びを知ることができました。
このワークショップについては、今後も展開をしていきたいと思っています。

2022年もよろしくお願いします。