作成者別アーカイブ: yuko murai

2023年を振り返って

カテゴリー: exhibition | 投稿日: | 投稿者:

2023年もいろいろな活動ができました。一番の変化はテンペラの教室を開講したことでしょうか。

おかげさまで満席となりました。
石膏塗りの課外講座を開催したり、みなで楽しく学んでおります。

展示活動も新しいチャレンジにつながることが多く、実り多い一年でした。
4月
「2次元と3次元の饗宴」
スパンアートギャラリー

ウエノミホコさんとペアになり、ウサギの学校をテーマにを描きました。
動物を主役にするのは初めてでしたが、とても楽しく描けました。

5月
「現代童画展・受賞作家展」
銀座アートホール

奥野ビルのトイレを描いてしまいました。

8月
「銀座動物園」
東京交通会館 エメラルドサロン

スパンさんの主催でしたので、ウサギの学校シリーズの続きです。すっかり遊んでしまいました。

9月
「ephemeral〜少女の領域2023」
みうらじろうギャラリー

超人気作家や超絶技法の超上手な作家がひしめくこの展覧会に対しては変化球を投げるしかありません。
というわけで「乙女祈祷書」。
羊皮紙に卵テンペラという古典的な技法で乙女の熾烈な世界を描きました。
またも遊んじゃいましたね。

11月
アートラインかしわ「共晶点」
パレット柏

今年は松隈さんを偲んで制作しました。みなの作品がつながって、素晴らしい展示空間になったことが印象的です。

11月
第49回現代童画展
東京都美術館

「風に乗れ」30号Sを出品しました。
会友奨励賞を受賞しました。

12月
個展・リレー展覧会「楚なり半透明な」
BIOME

12月BIOME「楚なり半透明な」

抽象的なテーマをどう描くか、とても刺激的なチャレンジになりました。
リレー展覧会という形式も新鮮でした。

2024年も良い作品を描いていきたいです。
よろしくお願いします。

「アートコレクターズ」1月号に掲載されました

カテゴリー: exhibition | 投稿日: | 投稿者:

美術雑誌のアートコレクターズ1月号の特集「やっぱり日本画が好き2024」にて紹介されました。

活動を始めた25年前には私の絵に「日本画」なんて肩書きは到底つけられませんでした。
イラストタッチの日本画は常識外れで、個展のたび、難癖をつけられたらどうしようとひそかに心配していたものです。
でも今や、日本画もすっかり多様化しています。
時代は変わったな、と思うのです。
ともかくも、私は描きたい絵を描き続けるつもりです。

今回は編集部のチョイスということでとてもありがたいです。
がんばっていていいんだ、と思いました。
これまで関わってくれたみなさまに感謝いたします。

BIOME神戸での個展の様子

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

神戸のギャラリーBIOMEにて、2023年12/8(金)〜12(火)に個展をいたしました。

木漏れ日が心地よいギャラリーです。
ゆったりと11点の日本画を配置しました。

今回は「楚なり半透明な」というテーマのもと、新作を7点制作しました。
BIOMEでは二度目の個展です。
モダンな空間とオーナーさんの美意識を知っていましたので、シンプルながら力強い作品を意識しました。

全ての音が重なると、真っ白な色になってしまうイメージを描いた「ホワイトノイズ」

あいまいな心情をシャボン玉に見立てた「何処へ」

ギャラリーでは左右にシャボン玉だけを描いた小品を添えて、広がっていく空間を演出しました。

12月の穏やかな昼下がり、たくさんのお客さまにご来廊いただきました。
いろいろなお話をさせていただき、楽しいひとときとなりました。

もちろん、せっかくの神戸ですもの、空き時間には観光も楽しんできましたよ。
ギャラリーの近くの相楽園は、とても表情豊かな日本庭園でした。

園内には異人館もありました。

有名店のにしむら珈琲にてランチ。
神戸名物、トアロードデリカテッセンのハムがのっているのがうれしいポイント。

リレー展覧会「楚なり半透明な」、3人の日本画家が順番に個展をする趣向です。
牧野環さんと木下めいこさん、そして私。
世代は同じですが、描く日本画と活動のフィールドは違っています。
それぞれを楽しめる展覧会が、お客さまにはご好評とのこと。

リレー展覧会の最後には3人の作品が同時に展示されます。
どのような空間になるのか、とても楽しみです。
それはまた後ほどご報告しますね!

【追記】12/27
リレー展覧会の最終章には、3人の作品が同時に展示されました。
残念ながら会場に行くことはできませんでしたが、ご覧になった方から頂いたご報告では、とても落ち着ける雰囲気になっていたそうです。
現代の日本画を存分に楽しんでいただけたことと思います。
ありがとうございました。

BIOME神戸にて個展をします

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:


【個展のお知らせ】
2023年12月8日(金)〜12日(火)
12:00〜17:30
BIOME
神戸市中央区中山手通4-16-14
*12/8(土)、9(日)在廊予定


「ホワイトノイズ」30号F

12月、BIOMEでは、「楚なり半透明な」という同じタイトルで3人の日本画家が順番に個展をします。

12/2(土)〜6(水) 牧野環さん
12/8(金)〜12(火) むらいゆうこ
12/14(木)〜18(月) 石川めいこさん

同世代の作家さんです。美大を出て25年ほど絵を描き続け、それぞれの道筋があリます。
このテーマをどう受け止めたのでしょうか。

12/21(木)〜24(日)には3人の作品が数点ずつ抜粋され展示されます。
それぞれの解釈と表現をお楽しみ下さい。

「何処へ」
20号Mの作品です。
シャボン玉は美しいけれど儚いもの。
画面に箔や雲母を仕込み、日本画ならではの落ち着いた光沢で、あいまいに揺れる心情を表現しました。
絵の中にたゆたう光を感じていただければ幸いです。

こちらも展示作品のひとつ。
「薔薇の記憶」
香りに、思いがけず遠い記憶が蘇る瞬間です。

「楚なり半透明な」というテーマに最初は戸惑いましたが、あいまいな領域にイメージを馳せることで、今までにない発想を引き出せたと思います。

神戸での展示です。
週末の12/9(土)と12/10(日)が在廊予定です。
ぜひ遊びにいらしてください。

BIOMEホームページ

柏市のイベント「みんなの本棚」に参加しました

カテゴリー: 日記 | 投稿日: | 投稿者:

柏駅に隣接する商業ビル内に、柏インフォメーションセンターがあります。
ここはイベントや観光スポットの案内、また個性的なお店の紹介など、柏を楽しむための情報の発信基地です。
立ち寄るとお得で楽しい情報満載のチラシをたくさん持ち帰ってしまいます。
ビジターだけでなく住民にも有用な観光案内所だと思います。

また、ここには本の読み聞かせができるキッズスペースや、古本を交換する「シェアする本棚」というコーナーもあります。
本を介して市民が繋がる場にもなっているのですね。

そこでの企画「のぞいてみよう! みんなの本棚」に参加させていただきました。

柏ゆかりのある方々が、好きな本を数冊ピックアップし、コメントを添えています。
柏高島屋の店長さん、大学教授、スポーツチームの選手、警察署長さん、etc.
趣味を覗くようです。
この人とは本の趣味が合いそう!なんて思ったり。

私はアーティスト枠で参加です。
お題は「子どもの頃好きだった本」、「子どもの頃の自分に読ませたい本」、「好きな本」の3つ。
さて、何を選んだのでしょう。

【子供の頃好きだった本】
『プンクマインチャ』

とにかくこの絵が好きだった。
昔話にぴったりの、異界を覗くような不思議なあやしさ。
暗がりで宝物が光るシーンはあまりにきれいで、まねして描いたものだった。

【子供の頃の自分に読ませたい本】

『おやすみなさいおつきさま』

マーガレット・ワイズ・ブラウンには多くの絵本があるが、どれを読んでも不思議なめまいを覚える。絵本と現実、時間と空間。境界線がぼんやりして自分がどこにいるのかわからなくなる。もし幼少時に出会えていたら、感性のチャンネルがもうひとつ増えていたのではないだろうか。

【好きな本】

『グリーン・ノウの子どもたち』

これもまた絵が好きな本。陰鬱なお屋敷を舞台に、時空を越えて子どもたちが交流し成長していく6巻のシリーズもの。モノクロの挿絵は神秘的で、物語の雰囲気そのままだ。改訂版の彩色された新しい表紙も美しいが、やはり70年代に刊行されたシリーズの方がちょっぴり怖くて趣深い。(改訂版の書影を載せています)

【好きな本】
『はてしない物語』
読み終わりたくない!と思った唯一の本。恋に落ちたのだ。図書室に返すのが寂しくて、中学生には高価な本だったが書店に注文した。あかがね色の表紙は格別の存在感で、30年以上経った今でも手に取ると緊張する。この本は宇宙そのものだと思う。

もうね、熱い想いを語らせていただきました。
あまり本を読まなくなった昨今です。
久しぶりに手に取り、振り返るのはとても楽しいものでした。

いろいろな方の想いが詰まった「みんなの本棚」です。
柏の葉の観葉植物専門店Grünさんによる会場装飾も素敵です。
お近くの方はちょっと立ち寄ってのぞいてみるのはいかがでしょう。
楽しいひとときになると思います。

第49回現代童画展のお知らせ

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:


現代童画展に出品しました。

11月10日(金)〜16日(木)
9:30〜17:30
入場は17:00まで
最終日の入場は13:30まで
東京都美術館
入場料 大人600円

「風に乗れ」
30号S 日本画

飛翔をテーマに描きました。
シャボン玉は儚いけれど、軽やかに風に乗りどこまでも飛んでいける。
たくさんたくさん飛んでいけ。
美しく、たくましくあれ。
そんな心象風景です。

今回、あえて自分の情念などは込めずに、切り離して描いてみたつもりです。
構図も複雑でなく、シンプルに。
童画展は今までにないチャレンジができる場だと思います。

うれしいことに会友奨励賞をいただきました。
ありがとうございます。
心境の変化に戸惑いながら、今回は違うスタイルを手掛けました。
受け入れていただけたことで、進み続けることができるような気がします。

秋のお散歩がてら、どうぞお出かけくださいませ。
たくさんの素晴らしい作品を会場で楽しめることと思います。

11/13(月)は、当番で会場におります

現代童画展

アートラインかしわ2023に参加します

カテゴリー: exhibition | 投稿日: | 投稿者:


アートラインかしわ2023 「共晶点」に参加します

「共晶点」は柏市民ギャラリーで開催される、柏ゆかりのアーティストのグループ展です。
今年の「共晶点」では、昨年に急逝した作家仲間の松隈健太郎氏の作品を含む20名の作品が展示されます。
参加作家たちが松隈さんの作品をイメージして制作した作品を中心に、多彩なアートが並びます。
私は日本画作品3点を出品します。


「森の中に枝を匿す」
松隈さんの作品の多くには枝が使われている。
それはきっと命の吹き込まれた魔法の枝なのだろう。
誰にも見つからないように、森の中に枝を匿す少年を描きました。

他、過去作品の「星を纏う」などを出品します。

アートラインかしわは、柏の街中がアートで彩られるイベントです。
お近くにお越しの際は散策がてら、是非ご高覧ください。

以下の時間帯は当番で受付におります
11/9(木) 10:00〜13:00
11/10(金) 10:00〜13:00

アートラインかしわ2023オフィシャルサイト

「共晶点」
2023/11/8(水)〜11/12(日)
10:00〜19:00
※初日は13:00オープン
※最終日は18:00で終了
パレット柏
柏市民ギャラリー

【テンペラ教室】生徒さんの初作品が続々完成!

カテゴリー: exhibition | 投稿日: | 投稿者:

よみうりカルチャー柏にて4月から開講した講座も半年が経ちました。
生徒さんの作品が続々と完成しています。

テンペラ画は古典的な技法ゆえ、時間と手間のかかる制作でしたが、みなさん根気よく丁寧に取り組みそれぞれの個性が活きる素敵な作品に仕上がりました。

ここには掲載していませんが、自作の額縁に入れた生徒さんもいます。
2枚目はフラアンジェリコの天使に取り組みます。
相互に学びながら楽しんでいきましょう♪

「少女たちの領域」に参加します

カテゴリー: exhibition | 投稿日: | 投稿者:

「少女たちの領域ephemeral 2023」
9月16日(土)〜10月1日(日)
12:00〜19:00
月曜と火曜は休廊
みうらじろうギャラリー

2年ごとに開催される展覧会です。
今年はテンペラ画を出品いたします。

「乙女祈祷書」
羊皮紙に金箔、テンペラ画

Someday my prince will come……

と、乙女たちはいつも祈っているのです。
しかし現実は厳しく、王子様は不良乙女に絡まれて壁ドンされてしまい、白馬も逃げてしまいます。

白雪姫のりんご、シンデレラのガラスの靴、などなど。
いわゆるお姫様物語のモチーフをいろいろ散りばめました。

閲覧注意かも? カエルの王様は好きな話でした。

写本をイメージして制作しました。
大きさは22.0×16.3cmのミニアチュール作品です。
羊皮紙の質感と金箔の美しさにもご注目ください。

実力派の作家さんが揃っている、見応えある展覧会です。
お近くにお越しの際は是非ご高覧ください。

【テンペラ教室】石膏塗り講座をしました

カテゴリー: 日記 | 投稿日: | 投稿者:

よみうりカルチャー柏でのテンペラ画の講座「美しさと華やかさテンペラ画を描く」も、開講からそろそろ半年。
みなさん順調に制作を進めていらっしゃいます。
早くも2枚目の準備に取り掛かる頃となりました。

テンペラ画の下地は十数層も石膏を塗り重ねて作ります。
その作業は一日がかり。
よみうりカルチャーでの講座の時間内には終わらないため、特別に機会を設けることとしました。

朝から夕方まで、時にティータイムをはさみながらじっくり取り組みました。

完全に乾き切らないうちに次を塗り重ねていくので、目が離せまん。
作業が早くはかどるように、ひたすらうちわであおぐあおぐ!

みなさま一日お疲れさまでした。
この板に、天使の絵を描くのが楽しみですね。