作成者別アーカイブ: yuko murai

神戸BIOME「たからもの for おくりもの」に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

グループ展に参加します。
「たからもの for おくりもの 2021」

神戸にあるギャラリーBIOMEで開催される展覧会です。
イベント特設ページはこちら

私は「星を連れて」4号F1点を出品します。

わたしの星は気まぐれ屋
一緒に行くとついてきたのに
もう飽きてしまったの?

わたしの星は甘えん坊
遊びに行くと飛び出したのに
もう戻ってきちゃったの?

わたしのお星、かわいいお星
静かな夜を照らしておくれ

わたしのお星、たからもの
一緒にいよう
いつまでも

❇︎
❇︎
❇︎
❇︎

大切な存在と過ごすかけがえのない日々を、旅のイメージと重ねて描きました。

たからもの展は、昨年も開催され、とても好評だったようです。
参加アーティストは29名。
「たからもの」をイメージして制作された作品が並びます。
心ときめくあなたの「たからもの」を見つけに来てください。

「たからもの for おくりもの 2021」
2021年2/8(月)〜2/21 (日)
13:00 ~ 18:00(最終日は16:00 閉廊)
水曜休み

BIOME
神戸市中央区下山手通5-7-15

2020年を振り返って

カテゴリー: exhibition | 投稿日: | 投稿者:

2020年は新型コロナウィルスにより、世界中が影響を受けました。
そのなかでも9回の展覧会に関われたことに感謝いたします。

【3月】
人形と絵の「春」展
2020年3月18日(水)~24日(火)
丸の内オアゾ 丸善本店4Fギャラリー
※2点出品

【4月】
「ギャラリーランズエンド/コレクション展」
2020年4月2日(木)~25日(日) ※緊急事態宣言以降はWebで会場を公開
ギャラリーランズエンド(姫路)
※3点出品

【4月】
春季創画展
2020年4月16日(木)~21日(火) ※展覧会は中止
西武池袋本展 西武ギャラリー
※1点出品

創画会によりYouTubeで作品が公開されています
第46回東京春季創画展WEB展覧会

【9月】
ふくろう展
2020年9月21日(月)~10月10日(土)
ハックルベリーブックス
※1点出品

【10月】
アートラインかしわ「共晶点」
2020年10月8日(木)~12日(月)
柏市民ギャラリー
※7点出品

【10月】
創画展
2020年10月24日(土)~30日(金)
東京都美術館
※1点出品

【11月】
現代童画展
2020年11月10日(火)~15日(日)
東京都美術館
※1点出品

【11月】
個展「回遊生活」
2020年11月28日(土)~12月6日(日)
ギャラリーHANA下北沢
※28点出品

【12月】
ユメミルユメコ
2020年12月4日(金)~8日(火)
メゾンドネコ
※7点出品 会期中は画廊ホームページで通信販売もされていました

今年は2つの展覧会が中止となりましたが、代わりにSNSやYouTubeで公開されました。
9月のふくろう展では、ギャラリートークをZOOMで行いました。
発表や交流がオンライン上で実現したことは、新しい可能性です。
しかし、11月の個展では、実際に対面できるありがたさと楽しさを強く感じました。
時代の変化を柔軟に受け入れつつ、描くことで繋がる喜びはそのままに、活動の幅を広げていきたいと思います。
2021年もどうぞよろしくお願いいたします。

個展「回遊生活」展示の様子

カテゴリー: exhibition | 投稿日: | 投稿者:

2020年11月28日(土)〜12月6日(日)、ギャラリーHANA下北沢にて個展「回遊生活」を開催しました。

すべて2020年制作。約25点を展示しました。


両端が創画展に出品した2作品。
どちらも四谷三丁目の駅を描いたものです。
この2点、実は繋がる場所だったので、同時に見ることができて面白かったです。


金箔を用いたテンペラの小品は華やかに飾ってみました。


画集やポストカードもご好評をいただきました。

今回の個展のために、美術雑誌に広告を出したり、SNSでの告知をしたりと、周知に努めました。
おかげさまで多くのお客さまに関心を持っていただくことができました。
不安を感じる日々のなか、ご来廊下さったみなさまにはさらなる感謝を申し上げます。
新しい日々にむけて、これからも描き続けていきたいです。

ユメミルユメコ展に参加します

カテゴリー: exhibition | 投稿日: | 投稿者:


【グループ展ユメミルユメコに参加します】
12/4(金)〜8(火)
12:30〜19:00
土・日・最終日17:00まで
メゾンドネコ

屋根裏部屋で見つけた「おばあさまの宝箱」には、可愛いアンティークジュエリーがたくさん入っていました…。
そんなイメージで描き、額装したテンペラの細密画を展示します。

 

ある日、ふたごは屋根裏部屋でおばあさまの宝箱を見つけました。
中には何が入っているのかしら?

直径10cmほどの円の中に、夢見る乙女の世界を凝縮しました。

宝箱の中に入っていたアンティークジュエリーたちも描きました。
写本やジュエリーの写真集からヒントを得ています。
例えばピンクのすみれ。

 

宝石箱をイメージした額装です。
メインの額には可愛い鍵もついていますよ。

7点を展示予定です。黄金テンペラ画ならではの華やかさをお楽しみください。

今回は、メゾンドネコさんのホームページで展覧会と同時に通信販売が行われます。
ご興味ありましたらご覧ください。
メゾンドネコホームページ 「ユメミルユメコ展」

個展「回遊生活」のお知らせ

カテゴリー: exhibition | 投稿日: | 投稿者:


個展「回遊生活」
ギャラリーHANA下北沢
2020年11月28日(土)〜12月6日(日)
11:30〜19:00
※12月1日(火)休廊
※最終日18:00まで

創画展に出品した「地下都市伝説」100号Fを含む、約25点を展示します。
すべて2020年の制作です。

12/3(木)以外は在廊します。
コロナ感染が増加傾向にあります。
どうぞご無理のない範囲でお出かけください。

テンペラの作品もいろいろ展示予定です。

これから額装を選びます。まだまだ鋭意制作中!
よろしくお願い申し上げます。

現代童画展に出品します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

2020年の現代童画展に出品します。

今年はコロナの影響で多くの展示が中止となりましたが、私にとっては画業20周年でした。
何か新しいことをしてみようと思い、童画展に一般で応募しました。

「一ツ橋の花売り娘」 30号F 2019年
場所は千代田区一ツ橋、日本橋川と首都高が交差するところです。

実は2001年にも、同じテーマで描いていました。

一ツ橋に
幻の水あふれる夜は
花売り娘の舟が行く

娘が売るのは曼珠沙華
彼岸の河原に咲いていた

娘が売るのは蓮の花
極楽浄土の香りを残して

ですからあなた、娘に会っても
花を買ってはなりません

 

以上は当時、絵に添えた文章です。
この頃は、絵を描きながら言葉が浮かんでいました。
まだ20代でしたから、暗い淵を覗いていたんですね。

あれから20年近く経ち、たくさんの絵を描きました。
日常世界でもたくさんがんばりました。
おかげさまで今作は、あの頃よりはもう少し多く、現世の光を描いています。

個人的な内容の絵ではありますが、今回の童画展で奨励賞をいただきました。

童画展には心のこもった作品が多く並びます。
お近くにお越しの際はどうぞご高覧ください。

【現代童画展】
東京都美術館
2020年11月10日(火)〜15(日)
9:30〜17:30
入場は17時まで、最終日は13:30までに入場
入場料600円 大学生以下無料

2020年の創画展に入選しました

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

日本画の公募展である創画展に入選しました。
めでたし、です。

秋の本展は大きなサイズなので、これまで挑戦しませんでした。
が、昨年は個展がなかったため少し余裕があり、秋頃からじわじわ描いておりました。
小品と並行しながらの制作なので1年近くかかりましたが、楽しかった!

「地下都市伝説」 100号F(162×130.3cm)

とても素敵な四谷三丁目の駅を、また描きました。
中央に、マスク姿の女がいます。

実はこの女、口裂け女なのです。
ルッキズムに振り回される現代人の心の闇を描き、美とは何かを考える、というのがテーマです。
テーマのつもりでした。が、、、。
まさか、コロナでマスク姿が当たり前になるなんて。
描き始めた時には思いもよりませんでした。
もはや、コロナ禍の絵でしかないですよね。

でもそれで構いません。
そもそもテーマなどはどうでもよく、見る人が好きなように感じてくれたらそれで良い、と私は考えています。
会場でどのように受けとめられるのか、とても楽しみです。

今回も銅箔や銀箔を使い、迫力と臨場感を出しました。
これは是非、原画でご覧いただきたいところです。

創画展には、日本画界の第一線で活躍する先生方の作品も多数展示されます。美しいです。
芸術の秋です。
上野へのお散歩ついでに、どうぞご高覧ください。

【第47回 創画展】
東京都美術館
◆10/24(土)〜10/30(金) 休館日なし
◆9:30〜17:00(閉場17:30)
最終日は入場14時まで(閉場14:30)
◆入場料
一般900円、65歳以上800円、大学生まで無料


【追記】
『美術の窓』12月号「公募展便り」に、寸評が掲載されました。
大変励みになりました。

アートラインかしわ2020「共晶点」に参加します

カテゴリー: exhibition | 投稿日: | 投稿者:

アートラインかしわ2020が今年も開催されます!


10月8日(木)~10月12日(月)
10:00~19:00
ただし初日13:00〜、最終日18:00まで
柏市民ギャラリー(DayOneタワー3F パレット柏)

柏にゆかりの作家14名によるグループ展です。
彫刻、絵画、刺繍、彫金など、さまざまなかたちで現代アートを楽しめます。

私は日本画7点を展示します。

中庭の記憶(59×41.5cm)2002

未公開の新作もありますが、久しぶりにこんな古い絵も出そうかな。

入場無料です。
新進作家たちのパワー溢れる共晶点を、どうぞご高覧ください。
アートラインかしわ2020共晶点

そもそもアートラインかしわとは??
10/8〜11/8までの一ヶ月間は、柏駅周辺でアートイベントが多数開催されます。
いろいろまわるのもおすすめです!
アートラインかしわプログラム

そしてさらにおトク情報。
10/8〜10の3日間だと、ハックルベリーブックスのふくろう展が重なります。
こちらにも作品1点を展示中です。
会場は徒歩数分の距離なので、是非お立ち寄りください。

「ふくろう展2020」に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

千葉県柏市にある児童書の専門店「ハックルベリーブックス」で「ふくろう展2020」が開催されます。
お店の可愛いマスコット・ふくろうのフーちゃんにちなんで、テーマはふくろうです。
ふくろうなら何でもOK!
ということで、前回は「ふくろうの帽子」を描きました。

今年も同様、被り物系でいこうと思ったのですが、同じものでは気分がのらず、、、街並みの絵になりました。

ふくろうの街です。
あやしいお店も紛れているかもしれません。
会場にお越しの際は、細部までよくご覧になってくださいね。

ハックルベリーブックス10周年も記念して開催される展覧会です。
30名以上の作家が出品します。とっても豪華なメンバーです!
オリジナル雑貨の販売もあるので、楽しめることうけあい。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

「ふくろう展2020」
9/21(月・祝)〜10/10(土)
13:00〜暗くなるまで
水曜休み

オンラインでのギャラリートークも予定されています。
ご興味ある方はお店のホームページを是非チェックしてください。

ハックルベリーブックス

なお、この展示は、西白井のカフェ「アンズハウス」へ巡回します。
10/15(木)〜11/9(月)
お近くの方は是非!

アンズハウス