カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

2017年の活動予定

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%a9%e3%82%8a%e3%81%ae%e8%88%9f%e5%8a%a0%e5%b7%a5
あけましておめでとうございます。
「筑波大学日本画研究室展ー藤田志朗と学んだ88名の歩みー」
2017年5月9日(火)〜14日(日)
茨城県つくば美術館・つくば市民ギャラリー
※1点出品予定

第10回「皐月会」
2017年5月9日(火)〜14日(日)
タカシサイトウギャラリー(茨城県牛久市)
※2点出品予定

四人展「森羅万象Ⅱ」
2017年5月20日(土)〜28日(日)
ギャラリーHANA下北沢
※約10点出品予定

「わたしの中の村上春樹Ⅱ」
2017年7月21日(金)〜28日(金)
ギャラリー枝香庵
※1点出品予定

「ephemeral〜少女たちの領域2017」
2017年9月16日(土)〜10月9日(月)
みうらじろうギャラリー
※2〜3点出品予定

個展
2017年10月19日(木)〜11月5日(日)
土日画廊
※約30点出品予定

これから展覧会予定が増える場合もあります(このページに追加していきます)。
2017年も充実した作品を制作していきたく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

「カエデの絵本」の絵を描きました

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

kaede
2016年3月、農文協より「カエデの絵本」が出版されました。
カエデの生態や歴史、また人との関わり方などが、写真や図解、イラストで詳しく紹介されています。
今回はアクリル絵の具で描きました。
もしものときでも修正しやすいですからね。

日本では平安時代から紅葉狩りを楽しんでいた、という場面を描いたもの。kaede2

カエデの名前の由来はカエルの手だという場面。
PIC000461

こちらは秋の女神、竜田姫と人里のシーンです。
kaede1

イメージを絵にする際に気をつかったのが、生物学的に正しく描くこと。
樹木の形態や葉のつき方が正しくなければなりません。
近隣の公園にスケッチに出かけたり、図鑑とにらめっこしたり。
樹皮の色も難しかったです。いやはや、勉強になりました。
マニアックなこの一冊で、カエデのことが何でもわかるようになるはずです。

私によっては、初めての絵本となりました。
ご興味がありましたら是非お手にとってくださいね。
個展にも置きますので、どうぞよろしくお願いします。

第42回春季創画展に入選しました

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

日本画の公募展である、第42回春季創画展のお知らせです。
2016年1月30日(土)〜2月6日(土)、上野の森美術館にて開催されます。

「少女同盟」F50号が入選しました。
これまでは地下鉄構内など構造物を舞台に描いていましたが、今季は一転して花と少女です。
F3号くらいの小品にのみ用いてきた題材をそのままに、あえて50号の大きな画面に描いてみました。
妙な生命感と迫力が出て、これまでになく日本画らしくなったと思います(わたし的には)。
ダチュラの背景に塗り込めた銀泥の鈍い輝きを、是非会場でご覧くださいませ。
耳をすませば、女の子たちの密やかなつぶやきが聞こえてくるかもしれません。

春季創画展(東京)
2016/1/30(土)〜2/6(土)
午前10時〜午後4時30分
初日の30日は1時から、最終日6日は1時30分まで
上野の森美術館
入場料600円
創画会

souga2016

 

美術屋 百兵衛 No.36に掲載されました

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

IMG_20160119_121025IMG_20160119_121106
美術屋 百兵衞No.36『ギャラリストが選ぶ「旬」なアーティストたち』にギャラリーHANA下北沢さんのご紹介で掲載していただきました。
細々と活動を続けている中、こうしてピックアップしていただけると励みになります。
美術屋百兵衛は、バラエティにも富んでいて内容の濃い雑誌です。機会ありましたらご高覧ください。

2014年、総まとめ

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

2014年は、個展を2回、グループ展を3回、公募展に1回入選しました。
また、なんといってもホームページをリニューアルできたことはうれしい一歩でした。
いろいろな方にお世話になり、ご指導いただいた一年だったと思います。
ありがとうございました。

1月6日~19日 ギャラリーHANA下北沢にて個展『早春エクスプレス』
ギャラリーHANA下北沢「早春エクスプレス」

2月、春季創画展 日本橋高島屋
top_pic_01
「地下都市伝説へようこそ」S50号

3月、ビリケンギャラリー「セーラー服コンプレックス3」に参加
009
テンペラと貝合わせ作品を出品しました。

4月、ホームページをリニューアルしました!

4/27~5/11 倉敷・蟲文庫でのグループ展「Quatro Microscopios 4つの顕微鏡」に参加
001

008
瀬戸内海の豊島へ小旅行。現代アート作品を堪能しました。

7月、高松市美術館 北原照久コレクション展に日本画「星を迎える日」が出品されました。

7/21~26 「T-BOX MIX展 2014」に参加
10年後を見据えて、というテーマでした。
抽象画を制作・展示しました。
tboxmix-1

10月、アートラインかしわ2014に参加
muraiyuko_dm-ura

9/29~11/8 カフェ ラ ビアンヴニュにて個展「お菓子な時間」
柏でのアートイベントに連動する企画として、カフェで個展をしました。

2015年は1/24(土)〜2/8(日)、ギャラリーHANA下北沢にてグループ展です。
倉敷・蟲文庫での4人展がさらにパワーアップして東京で開催!
私は、新作10点を展示予定です。
2015年もどうぞよろしくお願いします。

春季創画展に入選しました

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

びっくりするほど雪の降った2月でした。
まだ寒さが残ってはいますが、春の花が薫り始めましたね。

第40回記念春季創画展に入選しました。
昨年に続きまして2回目です。

普段、小さい作品ばかり描いている私にとって、S50号は手強い大きさ。
昨年の出品作では、絵具の密度に迷いがあったりしたため、完成までにかなりの時間をかけました。
ですが、2枚目の今回はスムーズに制作できました。
半分くらいの手間で描けた感じです。要領がつかめてきたかな。

とはいえ、実は必死でしたよ!
なにしろ1月に個展がありましたので、12月中に9割まで仕上げておいたのですが…。
個展の準備と同時進行したのは、正直きつかったです。
夏にもっとがんばっておけばよかったなぁ、とキリギリスな気分に陥ったのは言うまでもありません。

でもでも、おかげさまで入選できました。
お近くにお越しの際は是非ご高覧くださいませ。

チラ見せ↓

3/5(水)~10(月)
午前10時~午後8時(最終日は6時まで)
日本橋高島屋8階ホール
入場無料

雑誌「アートコレクターズ」に掲載されました

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

生活の友社が刊行している月刊雑誌「アートコレクターズ」10月号に掲載されました。

日本画のニューウェーブBEST60という記事です。

中央の段の左です。
文字が抜けていますが、掲載作品はM20号、紙本着彩です。
若手の作家60人ということですが、確かに、他の掲載作家さんたちはことごとく年下でして…!
ご興味ありましたらご購読ください。
銀座あたりだと、置いてあるギャラリーもありますね。

掲載を推薦してくださったのが、ギャラリーHANA下北沢さんです。
こちらで12月に個展を予定しております。
また後日、情報をアップいたします。

青葉市子さんのライブのお知らせ

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

大判リンクはこちら

ユニクロや無印良品のCMでも話題のアーティスト、青葉市子さんのライブのお知らせです。
茨城県取手市にあるカフェ「hako cafe(はこカフェ)」で開催されます。
今回、フライヤーの絵を描かせて頂きました。

いまだ昭和歌謡を愛好している私なものですから、フライヤーの話を頂いてから、はじめて青葉さんの歌を聴きました。
それはどこかクラシックの古楽にも似て、静かに、すんなりと染みとおっていく歌声でした。
描くべき絵も一瞬で浮かびました。

今回のライブを企画したカフェのマスターは、たまたま私の画集をご覧になって、イメージが合いそうと白羽の矢を立てて下さったとか。
ホント、ありがたいことです。新たな音楽を知る、良い機会を得られました。

聴きながら描くのは楽しかったですよ。
モノクロの静かな雰囲気を活かそうと、木炭でガシガシ描きました。
原画は額装して、カフェに置かせて頂いています。

ゆったり静かにレトロな時間。美味しいランチにスイーツも揃って。落ち着けるカフェです。
お近くの方はどうぞ♪

ライブ当日には、私も聴きにいきます。
お近くでご興味ありましたら、どうぞ。おすすめですよ。

詩集ができました

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

『貝紫回遊式庭園』
著者 獅々
挿画 むらいゆうこ
1500円(詩神室出版)

詩人・獅々さんが私の個展を訪ねて下さったのは、昨年秋のことでした。
獅々さんの詩集『人妻花壇』のファンだった私は、かねてよりずっとお会いしてみたかったのです。
京都のギャラリーSELF-SOの畳のうえで、おしゃべりの花が咲きました。

それから半月も経たないうちに、獅々さんからお便りが届きました。
なんとそれには、私の絵に着想を得たという、新しい詩集の原稿が入っていたのです。
びっくりして、どきどきして、そして涙がでました。

お時間をいただいて、さらに2枚の絵を描き足しました。
それから一ヶ月後、素敵に装丁された詩集が届きました。

ページをめくると、またさらに描きたくなってしまいますね。
インスピレーションの連鎖が、こうして実を結んだことに感謝です。
みなさまの手にとってもらえることを願っています。


さかなの恋人


星の方角

獅々さんは京都在住の詩人さんです。
こちらのサイトでも情報が見られます。
詩人 獅々