カテゴリー別アーカイブ: 展覧会情報

ビリケンギャラリー「拝啓つげ義春様」(後期)に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

tsugeten_1tsugeten_2

ビリケンギャラリーでのグループ展「拝啓つげ義春様」〔後期〕に参加します。
漫画家・つげ義春氏の傘寿のお祝いと、日本漫画家協会賞コミック部門大賞を記念しての展覧会です。
ビリケンならではの豪華作家のラインナップで、トリビュート展を開催しています。
つげさん、といえば「紅い花」や「ねじ式」でしょうか。
多感な頃に、私も読みました。
現実的な描写なのに、なぜか異界を訪ねるような心持ちにさせられるストーリー。
20年の時を経て再読すれば、あの頃には感じられなかった人情味が胸に染み込んできました。
つげさんの世界、深いです。

それでは、と、張り切って描いてみたらば。

柳の木の下には
「柳の木の下には」絹本着彩

どうしよう、すごく不気味な絵になってしまったわ、、、
不安な気持ちを抱えて前期を拝見しましたら、こんな雰囲気多数でした。
後期はどうなるのかな。必見です!

「拝啓つげ義春様」は、前期・後期合わせて60名近くによるグループ展です。
多ジャンルで活躍する作家さんたちが、それぞれの思いを表現しています。
是非ご高覧ください。

「拝啓つげ義春様」
前期 2017年9月30日(土)〜10月15日(日)
後期 2017年10月21日(土)〜11月5日(日)
12:00〜19:00
ビリケンギャラリー

10/19〜11/5 土日画廊にて個展をします

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

Donichi_1Donichi_2

日々、秋の訪れを感じる頃となりました。
中野・新井薬師前の土日画廊にて個展を致します。

新作・旧作合わせて約30点の展示です。
イチョウ並木の絵にいるのは、ぽつんと小さな黒猫だけ。
人物のいないDMは初めてです。
気持ちを新たに描きました。

うれしいときも
悲しいときも
歩み続けるこの道が
金色の光に包まれたものでありますように

秋を行く

 

会期は17日間と長めですが、週のうちの木金土日しか開廊しません。
月火水はお休みです。誠に申し訳ありませんがご注意くださいませ。
住宅街の中の隠れ家的ギャラリーです。
秋のお散歩ついでに、どうぞ遊びにいらしてください。

【在廊予定】各日12:00〜18:00くらい
1週目 10/19(木) 20(金) 21(土)22(日)
2週目 27(金)28(土) 29(日)
3週目 11/3(金) 4(土) 5(日)
※21(土)は、ビリケンギャラリーでのオープニングに参加するため、在廊は17時頃までとなります。

むらいゆうこ日本画展「金色の道」
2017年10月19日(木)〜11月5日(日)
✴︎月火水は休み
12:00〜19:00

土日画廊
〒164-0002 東京都中野区上高田3-15-2
TEL.03-5343-1842

Donichi_3

みうらじろうギャラリー「ephemeral〜少女たちの領域2017」に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

みうらじろう2017bみうらじろう2017a

みうらじろうギャラリー「ephemeral〜少女たちの領域2017」が今年も開催されます。
31名の作家が、「少女たちの領域」をテーマに描く展覧会です。
二回目となる今回は、さらに参加作家が増え、見応えあるものと思います。
それぞれの世界観をどうぞお楽しみください。

2点の日本画作品を出品します。

「一千光年、かなたの君へ」絹本着彩 F8号
鉄塔がどこまでも続くように、想いは宙のかなたまで。
赤い糸はもしかしたら、手を合わせて見つめるだけで通じるあなたと繋がっているのかもしれません。
1000kanata2

「星の花」 絹本着彩 F4号
ちょっぴり甘い、星の花。
夢みる時代は、永遠にキラキラと輝いてほしいもの。
星の花

ひたむきさとはかなさをあわせ持つ少女の世界を描きました。
お近くにお越しの際は、是非ご高覧ください。
※9/23(土)は在廊ができなくなりました。申し訳ありません。

「ephemeral〜少女たちの領域2017」
2017年9月16日(土)〜10月9日(月・祝)
12時〜19時
月曜、火曜は休廊(祝日は開廊)
みうらじろうギャラリー

ギャラリー枝香庵「わたしの中の村上春樹II」展に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

ekohann

アンチだったはずの私が貪るように村上春樹を読むこと数ヶ月。
緻密で美しいコラージュのような小説世界にのめり込み、このDMに載ってる作品はだいたい読了するほどに成長しておりました。
描いてみたい作品は多々あれど、「ねじまき鳥と火曜日の女たち」と「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」に惹かれました。
どちらを描くか迷いましたが、後者にしました。

muraiyuko
「秋の終わりの子守歌」麻紙に岩絵具 S4号

雪の匂いがするような、冬の気配を感じる頃の雰囲気を、あえて小説中のワンシーンではなく、全体的な印象から描いています。
ファンタジーだけどちょいグロテスク、そしてハードボイルドな魅力をお伝えできれば幸いです。

「わたしの中の村上春樹II」は、総勢30名が参加するグループ展となっています。
それぞれの解釈で描かれた作品群は、ファンのみならず楽しめるものと思います。

ギャラリー枝香庵
7月21日(金)〜28日(金)
11:30〜19:00(最終日は17:00まで)

22日(土)はオープニングパーティもございます。
銀座にお越しの際は是非お立ち寄りください。
【在廊予定】
初日の17時ごろ〜19時
22日(土)の16時ごろ〜

筑波大学日本画研究室展に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

筑波大学日本画研究室展ー藤田志朗と学んだ88名の歩みー
2017年5月9日(火)〜14日(日)
茨城県つくば美術館・つくば市民ギャラリー

藤田先生の退官記念の展覧会です。
50号の作品1点を出品します。
お近くにお越しの際はご高覧ください。

tsukuba1tsukuba2

装幀画展Vol.4 〜文学とアートの出逢い〜 に参加します。

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

hp%e7%94%a8

パレットギャラリー麻布十番でのグループ展
「装幀画展Vol.4 〜文学とアートの出逢い〜」
2016年12月3日(土)〜11日(日)
11:00〜19:00
最終日12/11(日)は17:00まで

24名の作家が自由に好きな本を選び、その装幀画を描いた作品展です。
タイトルなど文字をレイアウトしてカバーに仕立てるところまでやっております。
ま、勝手に装幀しちゃったわけですね。

私は小川洋子の『密やかな結晶』を選びました。
芥川賞も本屋大賞も受けている小説家なので、知名度も高いと思います。
『密やかな結晶』をお読みになった方も多いのではないでしょうか。
「そうそう、こんな感じ」と、共感してくださる方がいらっしゃいましたら幸いです。

小川さん独特の硬質なメルヘン感を出したく、白群青をメインの色味に使いました。
天然の岩絵具が持つ深い美しさを、是非とも絹本の原画でご覧ください。
下北沢での個展と会期がほぼ同じですので、どうぞお立ち寄りくださいませ。
よろしくお願いいたします。

%e5%af%86%e3%82%84%e3%81%8b%e3%81%aa%e7%b5%90%e6%99%b6web

2016年12/2(金)〜12/12(月)ギャラリーHANA下北沢にて個展

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

2016hana_dm

2016年12月2日(金)〜12月12(日)、ギャラリーHANA下北沢にて個展をします。

むらいゆうこ日本画展「パラレルパラダイス」

DMの作品「月の裏に還りたい」では、仮想の楽園を求めてしまう現代人の郷愁を描きました。
箱崎ジャンクションや地下鉄の駅など、実在の風景が次々と異空間となって登場します。
そして、季節の花々を幻想的に描いた絹本作品も多数展示します。
作品総数は、掛け軸も含め約20点。
師走のお忙しい頃ですが、「もうひとつの楽園」にどうぞ遊びにいらしてください。

むらいゆうこ日本画展
2016年12月2日(金)〜12月12(日) ※12月6日(火)休み
11:00〜19:00

ギャラリーHANA下北沢
〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-26-2
Tel/Fax 03-6380-5687

muraiyuko_mimei

テンペラ画の教室展に参加します

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

IMG

田崎裕子先生の主宰するテンペラ画教室の作品展覧会のお知らせです。
私は模写を1点と、オリジナル作品を4点出品します。

カルロ・クリベッリの聖母子像を模写しました。
DSC_0772

額も自分で作ります。金箔は集中してはります。
DSC_0686

はめるとこんなにゴージャス。もう言葉もありません。
DSC_0779

この模写に取り掛かったのは10年前。
途中、お教室をお休みしていた時期もあり、ようやく完成に漕ぎ着けました。
実質4年くらい描いていたでしょうか。

お教室に通って、もう10年以上になります。
模写は勉強になりますね。
学ぶのはテンペラ画の技術だけにとどまりません。
絵の組み立て方や構図、歴史など、思わぬ勉強ができます。
日本画の絹本を描いた時も、肌の塗り方にテンペラの描法を取り入れたりと、自分の絵にも応用できるようになってきました。

模写は根気が必要ですが、長く続けてこれたのも先生の的確なご指導とお教室の雰囲気の楽しさゆえ。
会場となるギャラリーに、12名の生徒の力作が揃います。
テンペラ画に興味のある方、中世ヨーロッパ美術のお好きな方はどうぞご高覧ください。
私は、初日18日(木)と22日(月)の11時から15時まで在廊致します。

田崎裕子テンペラ画教室展 ー模写と創作Ⅵー

2016年2月18日(木)〜24日(水)
11:00〜19:00 最終日は15:00まで

Gallery Concept21 ギャラリーコンセプト21
東京都港区北青山3-15-16
表参道駅から徒歩3分

田崎裕子先生ホームページ

長崎ギャラリーEM「天使たちの午後」会場風景

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

nagasakiDMforWeb

ヨシダコウブンさんとの二人展「天使たちの午後」が始まりました。
ギャラリーEMは長崎県美術館のすぐ近く、ピンクの色のモダンなビルの2階です。
シンプルな白い空間の中で、アンティークの長椅子がアクセントになっています。

DSC_0751

DSC_0732

コウブンさんの作品と私の絵が、良いリズムで展示されました。

DSC_0748

nagasaki_1

コウブンさんの天使たちが賑やかに群れています。
私の絵画作品と、鮮やかなハーモニーを奏でてくれているような。

DSC_0760 DSC_0736

なんと初日夜から雪が降り始め、2日目はまさかの臨時休業になってしまいました。
こんな大雪、長崎では50年ぶりくらいとのこと。
ギャラリーEMでの二人展「天使たちの午後」は1/23(土)〜2/6(土)までです。
寒い日が続いていますが、天使たちの遊ぶひだまりのようなギャラリーに午後のひとときを過ごしにいらしてください。

DSC_0766

長崎ギャラリーEMにて二人展「天使たちの午後」

カテゴリー: 展覧会情報 | 投稿日: | 投稿者:

nagasakiDMforWeb

陶で不思議ないきものを創り出すヨシダコウブンさんとの二人展を、長崎のギャラリーEMにて2016年1月23日(土)〜2月6日(土)に開催いたします。

コウブンさんとの出会いは2014年、倉敷の蟲文庫での四人展でした。
それから、2015年1月には下北沢のギャラリーHANAにて四人展を開催、今回の長崎では3回目の合同展となります。

お互いの作品には、天使たちが潜んでいます。
ユーモアたっぷりな天使だったり、あまのじゃくな天使だったり。
いろいろな表情の天使たちがギャラリーEMに集合します。
午後のひととき、ゆったりと過ごしていただければ幸いです。

初日は在廊致します。
どうぞよろしくお願い致します。

ギャラリーEM内サイト、二人展の案内はこちら

ヨシダコウブンさんホームページはこちら